-*-*-*-*-*-
2011年11月08日放送
稲沢市祖父江町産 卵
-*-*-*-*-*-

Photo[1]
愛知県稲沢市祖父江町で平飼いされる鶏の卵は、ほのかな甘みとコクがあります。


食材のご紹介
Photo[2]
Photo[3]
Photo[4]
Photo[5]

平飼い自然卵 歩荷
代表 安田博美さん

私たちが夫婦で養鶏を始めたのは、普段の食事にオーガニックな野菜や自然食品を取り入れるようになったことがきっかけでした。できることなら添加物のない、安全なものだけを食べて暮らしたい。そんな想いが強くなり、自ら作り手になりたいと思うように。夫婦で仕事を辞め、福岡県の養鶏場で1年間の技術研修、戻ってからは農地探しに走り回って…。実に3年近くの準備期間を経て、養鶏場「歩荷」を始めることができました。

「歩荷」という屋号は、安心・安全な食べ物を届ける人でありたいという想いを込めて付けました。かつて交通手段が発達していない頃、数十キロの荷物を背負い、途方もなく長い道のりを歩いて運搬した人がいたと言います。歩荷とは、こうした途方もない運搬の仕事のこと。私たちがこだわって実践している平飼い飼育も、待っていてくれる人のために心を込めて届けたいと思っています。

まず、鶏は、日本の気候風土に合わせて改良を重ねた純国産鶏「もみじ」を選びました。飼料は原料から自家配合し、特殊な成分の添加や薬剤の投与は一切していません。たとえ基準内であっても、それは与えたことに変わりありません。実際、鶏に無理をさせることなく育てていれば、薬剤は必要ないのです。歩荷の場合、坪当たりの飼育数は5羽。鶏たちは地に足を付けて走り回っています。悪臭やハエが発生することもありません。

【PROFILE】
1971年、名古屋市生まれ。設計士として建築業にたずさわっていた頃、日々の食に対して疑問や危機感を抱いたことから、自ら生産者となるべく養鶏の道へ。2004年に「平飼い自然卵 歩荷」を立ち上げ、ひと坪5羽の平飼い養鶏をスタートした。農場併設の直売所には、自然卵使用の焼き菓子なども販売している。


歩荷の卵は決して安くありません。ですがそれは、食の安全を最優先するからこその値段。私たちの想いに共感して卵を買ってくださるお客様が増えていることは、本当にうれしいことです。なかには「昔、家で飼っていた鶏が産んだ卵みたい」とおっしゃる方も。健康で力強い鶏から生まれた卵には、作り手の私も感動するばかり。この貴重な自然卵を通して、食の安全性についてもお伝えしていけたらと考えています。


戻る
CBCトップへ

(c) 2000 CHUBU-NIPPON BROADCASTING CO.,LTD. (c) 2014 CBC TELEVISION CO.,LTD. (c) 2011 CBC RADIO CO.,LTD. (c) あきやまただし・CBC
携帯アクセス解析